CCFLイカリング/エンジェルアイ通販 レーシングダッシュ社製CCFLリングやLED商品等を激安価格で速攻通販!!
営業時間 平日9:00~15:00
当日発送は、平日15時・土曜12時までに入金確認か、代金引換のご連絡を戴いた物までとなります。当日お急ぎのお客様は、代金引換をお選び下さい。
カレンダー
2020年8月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2020年9月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
WEB休業日となります。
ホームALPHARD20/VELLFIRE RoomLamp

ALPHARD20/VELLFIRE RoomLampマニュアル

1.フロント基板の製作


フロント基板完成見本です。LEDとチップダイオードは極性がありますので注意して下さい。 左右セットで、LEDが42個(緑印)、抵抗が14個(赤印)、チップダイオード2個(青印) T10電源コード2本使用します。

1.チップLEDをハンダ付けする位置の片側に、ハンダを少し盛っておきます。 基板印刷の角が切れてる方が(-)になりますので、こちら側にハンダを盛っておくとわかりやすいと思います。

2.チップLEDはきり欠きのある方が、カソード(-)です。 チップLEDの切り欠きと基板の-側を合わせてハンダ付けして下さい。 盛ってあるハンダを溶かして、チップLEDを潜り込ませるようにハンダ付けします。反対側もハンダ付けして下さい。 ※熱の掛け過ぎに注意

3.チップLEDを21個すべてハンダ付けしたら、赤印の部分にチップ抵抗をハンダ付けします。 こちらも、あらかじめ片側にハンダを盛っておきます。

4.抵抗に極性はありません。 チップLED同様、盛ってあるハンダを溶かしながらハンダ付け、反対側もハンダ付けして下さい。

5.チップダイオードをハンダ付けします。写真では見づらいですが、本体にライン(カソードマーク)のある方が、カソード(-)です。基板の印刷(ダイオードの記号)で極性を合わせて下さい。

6.基板裏側から、T10電源コネクターのリード線を通します。 基板の極性印刷に合わせて、赤が+、黒が-で合わせます。

7.T10電源コネクターを通したら、基板を裏返して表面からハンダ付けします。


8.完成です。 同様に、もう片側1セット製作して必ず点灯確認の上実車にセットして下さい


2.サイド基板の製作


サイド基板完成見本です。LEDとチップダイオードは極性がありますので注意して下さい。 左右4セットで、LEDが48個(緑印)、抵抗が16個(赤印)、チップダイオード4個(青印) T10電源コード4本使用します。


1.チップLEDをハンダ付けする位置の片側に、ハンダを少し盛っておきます。 基板印刷の角が切れてる方が(-)になりますので、こちら側にハンダを盛っておくとわかりやすいと思います。

2.チップLEDはきり欠きのある方が、カソード(-)です。 チップLEDの切り欠きと基板の-側を合わせてハンダ付けして下さい。 盛ってあるハンダを溶かして、チップLEDを潜り込ませるようにハンダ付けします。反対側もハンダ付けして下さい。 ※熱の掛け過ぎに注意

3.抵抗を4カ所ハンダ付けします。抵抗に極性はありません。 チップLED同様、盛ってあるハンダを溶かしながらハンダ付け、反対側もハンダ付けして下さい。

4.チップダイオードをハンダ付けします。写真では見づらいですが、本体にライン(カソードマーク)のある方が、カソード(-)です。基板の印刷(ダイオードの記号)で極性を合わせて下さい。

5.基板裏側から、T10電源コネクターのリード線を通します。 基板の極性印刷に合わせて、赤が+、黒が-で合わせます。
6.T10電源コネクターを通したら、基板を裏返して表面からハンダ付けします。

7.完成です。 同様に、4セット製作して必ず点灯確認の上実車にセットして下さい


3.ルームランプ取り付け

基板が完成したら、必ず点灯確認をして実車にセットして下さい。


1.フロントルームランプのレンズを内張剥がし等を使って取り外します。傷をつけたり爪を折ったりしないように慎重に取り外して下さい。

2.レンズを取り外したら純正球を抜きます。点灯していた直後の電球は熱くなっていますので、やけどをしないように注意して下さい。

3.基板裏面の両面テープの剥離紙を剥がします。

4.T10電源コネクターを差し込んで点灯確認します。点灯しない場合は、コネクターを逆に差し込んで下さい。接触が悪い場合コネクターの電極を調整して下さい。

5.基板の溝を合わせて、基板を貼り付けてセットします。

6.基板が緩く落ちてしまう場合は、スペーサーを使って貼り付けて下さい。

7.レンズを戻してセット完了です。 反対側も同様にセットして下さい。

8.サイドのレンズを取り外します。 先の細いマイナスドライバーにマスキングテープなどを巻いて車体に傷をつけないよう慎重にに取り外して下さい。

9.レンズを取り外したら純正球を抜きます。点灯していた直後の電球は熱くなっていますので、やけどをしないように注意して下さい。

10. T10電源コネクターを差し込んで点灯確認します。点灯しない場合は、コネクターを逆に差し込んで下さい。接触が悪い場合コネクターの電極を調整して下さい。 セット後スペーサーの剥離紙を剥がして写真の位置に貼り付けます。

11.基板裏面とスペーサーの剥離紙を剥がして下さい。

12.スペーサーに貼り付けて固定します。

13.再度点灯確認をします。

14.レンズを戻して完了です。 同様にサイド4カ所セットして完了です。

高演色のLEDを使用していますので、鮮やかな色合いで明るいルームランプができあがります。